Home » 池袋ホテヘル八甲田山死の彷徨

池袋ホテヘル八甲田山死の彷徨

八甲田山から池袋ホテヘルへホテヘル嬢送迎用戦闘装甲車両を輸送中(池袋はホテヘル激戦区。重武装は必須)の池袋ホテヘル中隊。人体にとって一番大事な門であり守ることへの意思を実際感じるアナルをかたどった菊の紋が立派。
しかし行軍のさなか八甲田山の主が池袋ホテヘルで遊べる中隊をうらやみ激怒して山体崩壊! 襲い来る雪崩。嬢の高速手コキでドバドバ噴き出るザーメンみたいに真っ白だけどザーメンみたいなあたたかみが全くない酷薄な大自然の殺意が一一四方面五一四番隊八九三名をのみこむ……がっぷり飲み込む! そりゃもう喉まで吸い込んでバキュームイラマチオする池袋ホテヘル嬢みたいにがっぷりずぽずぽぬるぬるびっちゃびちゃ! あらかたの兵士は雪崩に飲み込まれきんたまが凍傷! 即死して重症。大惨事だ!
生き残った兵士は体を寄り添い温めあっていた!

10291

「寝るなーっ寝ると死ぬぞーッ!」
「あ…ああ……ちゃんみー……」
兵士は神ジ田(カンジダ)隊長の涙ぐましい健気なご奉仕に池袋でギャルをデリるお店ですんごく人気のスレンダー美乳黒ギャルを幻視しながら凍死して重症! きんたまだけがかろうじて生きているがきんたまがひえて縮こまるのも時間の問題だ。
「神々はなにゆえ我々をこの山で散らせるのかーッ」
迷惑客のフィストファックみたいに容赦なくぐりぐりふりしきる雪! 我々が今ここで滅んだら……池袋ホテヘルはどうなるのだ。ねっちょりぬとぬとごっくんプレイ、ロングコース割引ありの優良デリヘル店でオプションつけ放題で遊べる池袋ホテヘルの平和を一体だれが守るというのか……!
『人間は醜い』
「はっ……貴様は山の主!」
神ジ田隊員のきんたまに直接響く声! 
「なにがどう醜いのだ!」
『なにって言われるとそんなうまくいえないけどさ……でもずるくない? ちんぽ遊びで無制限射精したり嬢の全身なめまわしたりお風呂入ったりできるのって池袋ホテヘルに通える人間の特権じゃん。ずるいよ我だって池袋ホテヘル行きたいよ』
「お前池袋ホテヘル羨んでるだけじゃねーか! 人間の醜さのせいにするな!」
『いやでもお前らが八甲田山伐採しなかったらなだれ起きてなかったよ? おまえらすぐ嬢とか剃毛してパイパンにするし節操ないよねいやらしいよね。だからそんな目に合うんだよばーかばーか! ぺっ!』
「やっぱり拗ねてるだけじゃねーか! 池袋ホテヘル連れてってやるからみんな生き返してくれ」
『マジで!?』
こうして一一四方面五一四番隊八九三名はきんたまを解凍され復帰。みんなで仲良く池袋ホテヘルへ行ったぞ! みんなで遊んで地域経済活性化、景気回復格付けアップ世界をひっぱる美しい国日本誕生! ああ~なんてありがたいんだ~ありがとう八甲田山、ありがとう池袋ホテヘル!

そして時代は80年代! 日本ではノーパン喫茶やマンショントルコ、覗き(いまでいうオナクラだな! 吉幾三もおら東京さいくだで「覗きもねぇ」って歌ってるな)などいろんなアツい風俗がいっぱいあった。
一方世界は冷戦に突入! 西側ちんぽ主義社会と東側共チン主義国家分裂! スレンダー嬢のばっちりくびれのような決定的な溝が生まれた。両側境界のヨーロッパ中部では思惑が入り乱れコカンディナビア共和国内紛バルト海崩壊! 大惨事! 
「ウオーッ!」
みんなで気持よくなることが第一の東側共チン主義国家ではヌーディストビーチや混浴サウナFKK、スワッピングカップル喫茶やハプニングバーなどの不特定多数で絡みあう風俗店が大人気! さむいのでみんなでおちんちんあっためないとおちんちん凍死してしまうからな。
「ウオーッ!」
金にまかせて遊びまわる西側ちんぽ主義社会では嬢をロングコースで独り占めしたりオプション全部入れで顔面騎乗アナルファックおしっこ鑑賞オナニー見せなど一人の嬢を好き放題する遊び方が大人気! 西側諸国は日差しつよいので屋内でゆっくり遊ばないと嬢のすべすべお肌に悪いからな。
ヴーッ! ヴーッ!
東欧風俗激戦区で唸るモーターサイレン空爆注意だ! 空爆警報のこと思い出して冷や汗でるのでヨーロッパの風俗にはタイマーないぞ(大嘘)。
「ハイルヒットラー!」
“ナ”くなよ”チ”んちんこ”ス”ってきもちよくなろうぜファシズム党残党蜂起! 
「グワーッ!」
戦時中の秘密技術でセックスサイボーグとなったナチス残党の火炎放射ちんちんから吐き出される可燃ザーメンで一面ザーメンの海! アツい! アツすぎる!
ヒヒーン!
西欧風俗自由社会ではがちがちのちんぽみたいにいきりたつ暴れ馬憤慨! 
「ちんちんのちんちんによるちんちんのための政治!」
輪姦大統領の有名なマントラを唱えながら傍若無人を繰り返す無頼の無法乗馬アメリカ開拓者風俗狂いたち! 太陽の感じで時間図るので西側の風俗にもタイマーないぞ(大嘘)。
「グワーッ!」
回転式きんたまのリボルバーファニングで打ち出される高速のザーメンで野生動物即死解体! 
「アーッ……」
カナダらへんにいるエスキモーたちは切り裂いたアザラシの嬢のまんこなみにあったかい内蔵におちんちんいれてあっためる(これはマジ)。
「社会主義風俗最高!」
「個人主義風俗至上!」
ぶつかりあう両陣営! 冷えきった関係に対しおちんちんはどんどんヒートアップ!
「やれーっ!」
「やっちまえーっ!」
ドーン!
「「「「「グワーッ!」」」」」
おちんちんICBM発射! 世界は一面ザーメンの海!
「……こうして西側風俗と東側風俗は共に滅んで日本の風俗だけが生き残り、我々は今全裸回春やソープや高級デリヘルで遊べるのじゃ」
「お話ありがとうございます。平和に感謝しなければなりませんね」
パチパチパチパチ!
風俗狂いでちょっとあたまが曖昧な状態のおじいちゃんのお話で反戦集会はしめくくりになったぞ。
色んな種類がある日本の風俗に感謝! 安保法案絶対反対憲法9条絶対大事ありがとうおじいちゃんありがとう美しい国日本! とりわけ池袋に日々感謝!

このような状況が続いているのが現在の池袋風俗の現実であるということができます。いろいろな人種や民族が入り乱れながら性風俗を楽しんでいる。これはまさに風俗のあるべき姿/未来形/完成形だと言っていいと思います。
ところでこのような池袋の風俗状況を解説しても、なかなかことの本質に迫るのは難しいのがこの風俗業界であるということができます。現在様々な人種が入り乱れて活動している風俗業界を調べることで、エロの本質が何なのかを見ていこうと思います。
現在の日本の風俗業界には世界中の国から働き手がやってきています。かつての東南アジアだけに留まらず、南米や北欧や東欧そして中東と、風俗嬢がやってきていないのはアフリカ大陸だけだということができるでしょう。
彼女らにしてみれば確かに自国を脱出するだけでも相当危険なのに、その上で確実に日本に来て風俗系でお金を稼ごうとするわけですから、日本にいる我々からしたらその危険度や努力など想像もできません、という状態で風俗で快楽をむさぼっている状況です。
中国などでは蛇頭と呼ばれる密入国マフィアが幅を利かせており、自国で食べれない女性がなんとか日本の風俗業界に潜り込んで活動をするという状況です。

そうやって頑張って日本に来て風俗店で働こうとしても、満足に職が見つからないというのが現在の風俗業界です。確かに日本には風俗店がたくさんあり風俗嬢も相当数いるわけですが、それでも外国人が安全に働ける風俗店は多くはありません。
水商売にいくか風俗にいくかでひとまず分けれるわけですが、「ルーマニアクラブ」のように東欧系の美女を多く雇っている店は確かにあります。東欧系の美女が好きだという日本人はいるにはいますが、彼らは女性がどこの国の出身なのかということなど分かりません。
ルーマニアもバルト三国も同じだという認識で飲み屋にやってきます。
そして場合によっては店に出る女性が、その後客の要望に応えて売春をするということもありえます。一般に水商売よりも風俗のほうが確実に稼げるとされていますが、外国人なら両方を一度にこなしてやっとそれなりの収入になっているのが現実です。
その現実を受け止めつつ風俗店で働くということなのです。

しかし「外国人美女とプレイできる」という風俗店はあるようでないのが実情です。そのため渡航してきた外国人女性は、代理人のような人に風俗店を斡旋されるか、自分で適切な店を探すしかないということになります。
その場合はやはり日本人好みの「ブロンド巨乳外国人」というのが積極的に選ばれるでしょう。
現在の風俗店では日本人でも簡単に採用されるわけではありません。やはり店側も収益を上げたいとなると、確実に見た目のよい女性を選ぶようになります。
風俗で働こうとする女性は少なくないので、店側の買い手市場となっているといえるでしょう。
そういった状況の中で外国人女性が風俗で職を見つけないといけないわけですから、やはり見た目などに魅力がなければ簡単にはいかないでしょう。
その場合は外国人を相手にした外国人による風俗店がよいといえます。
それならば「日本人好みである」と限定されることなく働けるからです。
また日本に来て風俗で遊ぼうとする外国人は意外と多いものです。
日本人女性が対応するのがいいわけですが、彼らと彼女らでは体の作りが違うので、「壊されてしまう」と風俗店の親父は嘆いているわけです。
なので外国人男性専用の風俗店もありますし、外国人の要人VIPが訪れる風俗店も存在しています。
外国人女性としてはまずは一般の風俗店で働くことをおすすめします。
そしてそこでキャリアを積んでいろいろなお客さんと仲良くなります。
そうやってつながりを作って高級外国人風俗店で働く道筋をつけていくということになります。
それは簡単にいくような風俗道ではないといえます。
しかしその出世の階段を楽しむのも風俗で働く醍醐味だといえるのです。

それにしても都内にもいろいろな風俗激戦区があるというのが現状です。
渋谷・新宿・上野あたりも激戦区として数えられていますが、やはり池袋と品川・五反田は最もライバルがしのぎを削っている地域であるといえます。
「風俗店を経営するなら池袋で」「私は池袋風俗の女王になるために生まれてきたの」「五反田の風俗店なら絶対にはずれがない」ということを誰もが考えているわけです。
なので経営者も風俗嬢も風俗ユーザーもこれらも都市に集中していきます。
また風俗で盛り上がっている雰囲気が好きだという人も少なからず存在しています。
彼らは猥雑な雰囲気が好きなので自然とその都市に吸い寄せられていくのです。

そういった中で風俗業界で一旗揚げようと企んでいる女性がいました。
彼女は風俗は未体験ですが同級生との間でそのテクニックをしっかりと磨いてきました。
なので性的な技術にも男を虜にするのにも自身がありました。
そして彼女は、魑魅魍魎の群雄割拠する風俗業界で働いてみたいと強く思っていたわけです。
やはり女たるもの自分の性技には自信を持って生きていくのがいいといえます。
彼女は果たして池袋風俗の門を叩きました。ここから風俗界の頂点を極めていくということです。
この気迫たるや、早くも風俗業のボーイたちの肌を震わせて客達を振り向かせるほどでした。それがあなたです。

あなたは勤めたのは池袋のホテヘルでした。
あなたはどのような風俗でも構わないと考えていましたが、手始めに確実に稼げて危険度の低いホテヘルを選ぶことにしました。
あなたは自信満々で勤務をし始め、風俗店の男性に言われるがままにホテルを訪ねました。
そこで待っていたのはあなたの同級生のカバ男でした。
カバ男はその名の通り愚鈍な男であり、得意なことは風俗通いとカツアゲされることでした。
よりによって初めての相手がカバ男であることにあなたはショックを受けます。
しかし相手が誰であっても極上の性的サービスを提供するのがあなたの仕事。
怯むことなくカバ男に襲いかかりました。カバ男も風俗嬢相手には慣れたもので、高校時代とは違ってあなたに平気で命令をしてくるのです。
いつもカバ男をパシリに使うか無視してきたあなたとしては、これは流石に屈辱でした。しかしそれに耐えてカバ男に賢明に性的奉仕をすることでその時間は過ぎて行きました。

この経験があってあなたはプロの風俗嬢となることができました。
その後は順調に客をさばいて売上を伸ばしています。
こうなるとカバ男程度では簡単にあなたを指名できなくなりました。
風俗街の女王になるためにあなたは確実に歩みを進めています。

風俗は池袋で探すのがベスト!